29er乗りの記録

MTB大好き!! 29er大好き!! な ポタ郎 が、いろいろやったり、やっちゃったりしたことを記録するよ!!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

TOP >  パーツ交換 >  タイヤ交換 >  【インプレ】MAXXIS MAXXLITE 29 29×2.0

【インプレ】MAXXIS MAXXLITE 29 29×2.0

タイヤ交換するよ の記事で、

SERFAS DRIFTER CITY(サーファス ドリフターシティ)29×2.0

から

MAXXIS MAXXLITE 29(マキシス マックスライト 29)29×2.0

に交換してしばらく経ちました。

この間、ほぼ街乗り(ただし、多少の段差はガンガン行きますし、もちろん未舗装路も走りますよ)で、たまに川の土手で遊んだりしたくらいなんですが、比較して感想などまとめてみました。


・SERFAS DRIFTER CITY 29×2.0

硬くて摩耗しにくい感じで、長持ちしそう。衝撃は結構来る。

舗装路の走行はもちろん問題ない。未舗装路には弱い(これはまあしかたがない)。

ロードノイズは(ほぼ)ない。

重量は2本で 1900g。今となってはだいぶ重いと感じる。

平地でもアウタートップでスピードを出そうとするとちょっとつらい。


・MAXXIS MAXXLITE 29 29×2.0

しなやかで、エアーのクッション感がかなりある。衝撃がやわらいでいる感じ。
ノブが低いせいか、思ったほどは摩耗しない気がする。長持ちするかどうかはわからない。

舗装路の走行は全く問題ない。未舗装路のグリップもそれなりにはある(ガッツリ荒れたオフロードはそもそもこのタイヤには不向きなのでこれで十分)。

ロードノイズは少しあるが、ブロックパターンのタイヤでよくある「ゴーーー」という感じの音ではなく、ちょっと高めの音が少し聞こえる程度。あまり気にならない。

重量は2本で 690g。交換前のタイヤが重かったこともあり、一気に 1210g もの軽量化を達成。

平地でアウタートップにして走ると「まだ踏めるッ!まだ回せるッ!!うおおおお~~~」みたいな感じになるくらい軽い。
上り坂では1速(以上)重いギアで登れるくらい軽い。


回転するパーツの重量は(回転しないパーツと比べて)走りに大きく影響すると知っていましたが、
実際にタイヤが 1210g 軽量化したことで(単に重量の問題だけではないと思いますが)、”よりグレードの高い自転車になった” と言ってもいいくらいの違いを体感しました。


・・・と、ここまで書いてきて、MAXXLITE 29 最高!!!と言いたいところですが、、、

1つ難があるとすればそれは価格。


DRIFTER CITY が1本3千円ほどなのに対して、MAXXLITE 29 は1本1万円近くします。

なので懐具合が許せば、ということで。


ちなみに、ポタ郎はもう DRIFTER CITY には戻れません (^^;;;

↓↓↓ ブログランキング参加中! ポチっと応援してね!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ にほんブログ村 自転車ブログ 29erへ

コメント






管理者にだけ表示を許可する