29er乗りの記録

MTB大好き!! 29er大好き!! な ポタ郎 が、いろいろやったり、やっちゃったりしたことを記録するよ!!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

TOP >  フロントシングル化 >  今回の改造による重量の増減

今回の改造による重量の増減

まずは、外したパーツの重さをはかっていきます。


フロントディレイラー
170509-01.jpg
202.4g。


フロント用シフター
170509-02.jpg
122.0g。


フロント用シフトケーブルおよび小物類一式
170509-03.jpg
29.0g。

ケーブルが広がってうまくはかりに乗らなかったので、シーリングライナーで縛ったりしてちょっと見苦しくなってます(^^;;;
ポリ袋なんかに入れてはかるべきだったかも。


アウターギア(42T)
170509-04.jpg
142.9g。


ミドル(32T)およびインナーギア(22T)
170509-05.jpg
171.9g。


チェーンリングボルト
170509-06.jpg
11.8g。


以上、合計 680.0g 減少。


そして、取り付けたパーツの重さは、

チェーンリングが 57.3gバッシュガードが 59.7g、付属のボルト類が 38.5g

なので、合計 155.5g 増加。


というわけで、


差し引き 524.5g 減少、となりますね。


以前はかった TALON 29er 2 の重さは 13.83kg だったので、改造後の重さは 13.3kg くらいでしょうか。


数値を見れば、結構軽くなったと思わなくもないのですが・・・

実際に乗ってみると、正直なところ、あまり「(重量が)軽くなった!!」感はありませんね(´・ω・`)

なんというか、、、ポタ郎が鈍いんでしょうけど orz...


ちなみに、ペダルを踏んだ感じは間違いなく軽くなってます。

ただ、もともとフロントギアはアウター(42T)を多用してたので、それが 38T に変わったから(ギア比が小さくなって)軽くなったということでしょう。

厳密にいうと、漕ぎ出しとか加速時とかに(少しは)軽量化の恩恵があるはずですが、もともとそれなりに重たい自転車なので、少々軽くなったくらいではたいして影響がない、ということでしょうかね・・・



まあなんだかんだ書きましたが、気分は軽いですよ(`・ω・´)(オイ)


↓↓↓ ブログランキング参加中! ポチっと応援してね!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ にほんブログ村 自転車ブログ 29erへ

コメント






管理者にだけ表示を許可する