29er乗りの記録

MTB大好き!! 29er大好き!! な ポタ郎 が、いろいろやったり、やっちゃったりしたことを記録するよ!!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

TOP >  メンテナンス >  ハブメンテ >  リアハブのメンテナンスをするよ(その1)

リアハブのメンテナンスをするよ(その1)

フロントハブのメンテナンス (その1) (その2) をやってからだいぶ時間が空いちゃいましたが、

リアハブのメンテナンスをやりますね。


ではまず、リアホイールを外してクイックリリースを抜き、いつものように、汚れをふいて、わかりやすく置いておきます。
170831-01.jpg

170831-02.jpg


そしたら、スプロケットを外しますね。
170831-03.jpg


フリーホイールリムーバーとフリーホイールチューナーを使って、
170831-04.jpg


以前、スプロケットを交換したとき と同じ要領で外します。
170831-05.jpg


外したスプロケット(シマノ CS-HG51-8 11-32T)。
170831-06.jpg


さっきまでスプロケットがはまってたパーツ(くし形?の凹凸が付いた円筒)がフリーボディです。
170831-07.jpg

こいつに関しては、汚れをふき取る以外は何もしないつもりです(これ以上ばらさないし、グリスアップもしない)。

詳しいことはわからないのですが、「フリーボディはメンテ不要(調子が悪くなったら交換)」的なことを書いてあるページがあったりしますし、

ばらすにしても、工具がもう売ってないから、そこから自作が必要だとか、

グリスも特別なグリス(ハブ向けなんかよりずっとやわらかいやつ)を使ったりするみたいなので。

※以前の記事(上にも書いた、スプロケットを交換したときの記事)で "フリーハブボディ" と書いてましたが、(たぶん)"フリーボディ" が正解っぽいので、そのように書きますね。


というわけで、ハブの方をばらしていきます。

フロントハブでは右側からばらしましたが、今回は左側(ディスクローターがある側)からやりますね。
170831-08.jpg


リアハブには左側だけダストキャップがあります。
170831-09.jpg


フロントハブと同じように、ドライバーかなんかで浮かして
170831-10.jpg

外します。
170831-11.jpg


外側(画像では上)から順に、ロックナット、スペーサー、玉押し、となってるのはフロントハブと同じですね。
170831-12.jpg


シャフトを回してみます。どうでしょうか?ゴリゴリしてる?それとも滑らか?
170831-13.jpg

フロントハブでこれをやったときは、明らかにゴリゴリしてヤバい感じでしたが、

リアの方はそこそこ滑らかっぽいです(ゴリゴリはしてない)。これって耐えてますかね、だといいんですが。


フリーボディも回してみました。
170831-14.jpg

(多少なりともくたびれてきてるはずですが)それなりに滑らかに回ってるようですし、チチチチ・・・とラチェット音も小気味いい感じです。

もっとも、新品のフリーボディをこうやって回したことなどないので、比較のしようがないんですけどね(^^;;;
いつか新車を手に入れたら、そのときは回してみたいです。


それじゃ、ロックナットを外しますね。

合うハブコーンレンチのサイズは・・・
170831-15.jpg
フロントハブと同じで 17mm。


じゃあ玉押しも(フロントハブと)同じで 13mm?
170831-16.jpg
と思ったら、小さくて入らない、、、


15mm でした。
170831-17.jpg


外し方はフロントハブのときと同じ。
170831-18.jpg

170831-19.jpg


スペーサーと
170831-20.jpg

玉押しも外します。
170831-21.jpg

170831-22.jpg


フロントの玉押しとは若干形状が違いますね。
170831-23.jpg

170831-24.jpg
外周にカバーが付いてます。
異物の侵入をより確実に防ぐためなんでしょう。


中を見ると、やっぱグリスが少ない(減った?)ように見えます。
170831-25.jpg

ベアリングの玉のサイズは、リアの方がフロントより大きいんですね。


あ、そうそう、今回も、外したものは左と右で混ざらないように分けて置いておきますよ。


で、右側(フリーボディの側)へシャフトを抜きますが、
170831-26.jpg
※撮影の都合上、画像ではホイールをひっくり返して左手で作業してます。ややこしくてゴメンね m(_ _)m


ベアリングの玉を落とさないように。
170831-27.jpg

玉が大きいのとグリスが少ないせいで、コロコロッと落ちやすいです。


1個落ちそう、、、ってか落ちた(゚д゚)!!!


でも大丈夫、キッチンペーパーで受け止めました(`・ω・´)
170831-28.jpg

ただせめて、手をふいた後のやつじゃなくて、、、きれいなキッチンペーパーで受ければよかった、、、(´・ω・`)絵面がヨクナイネ


えーっと、気を取り直して・・・


ベアリングの玉を取り出します。

HOZAN(ホーザン) P-878 ピンセット を使いますよ。
170831-29.jpg

170831-30.jpg
おぉ~、こりゃなかなかイイ感じにつまめてるじゃないですか!!


ベアリングの玉は片側9個。
170831-31.jpg

フロントは10個だったから、大きさも数もフロントとリアで違うんですね。

違うのにはちゃんと理由があるんでしょうけど、、、よくわかりません(^^;;;


全部取ったらこんな感じ。
170831-32.jpg


反対側も取ります。
170831-33.jpg

170831-34.jpg

170831-35.jpg


ベアリングの玉の汚れはディグリーザーをかけてふきとり、他の部品もきれいにふいておきます。


右側の部品
170831-36.jpg


左側の部品
170831-37.jpg


ハブのカップ周辺とシャフトが通る穴なんかも、もちろんきれいにしますが、その際、ディグリーザーを使うなら、直接かけないほうがいいかもしれません。

(かける場所や量にもよると思いますが)フリーボディのグリスが流れ出してしまう可能性がありそうなんで(もしそうなったら、ポタ郎レベルではショップ直行になっちゃうでしょうね・・・)。


今回はここまで。

リアハブのメンテナンスをするよ(その2) へつづく


↓↓↓ ブログランキング参加中! ポチっと応援してね!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ にほんブログ村 自転車ブログ 29erへ

コメント






管理者にだけ表示を許可する